突然自分の物がなくなった

その夜は「うーーん、しかしおっかしいなあ。いつどこへ消え失せたのやら。どこかで無事な状態で出てくるといいけど」と願うようにして眠った。
そして翌日、朝イチで職場のお手洗いに行くと・・・何と、あれほどないない言って探しまくっていたナフキンがポーチごと棚の一番上に何事もなかったかのように鎮座しているではないか!「ええーーっ!?ハアアアーー!?あった!」「とりあえず夕べの願い事はもう叶って物が無事にあってよかった。でも、ここに今日置いてあるってことはやっぱり誰か持ち出した人間がいるってことじゃないか」そんな思いでいっぱいになった。
腑に落ちない気味悪さを一応上司に打ち明けたところ、意外なことにコトのすべてが判明した!それは、昨日は忘年会の関係でいつもと違う人たちも集合し、他部署から来た人もいたため、そのうちの一人が急きょ月経になったがためにナフキンを必要としてうちの方のスタッフさんが「ありますよ~」と応急処置的に差し出したのがたまたま私たちの使うお手洗いで目に付いた私のナフキンだったとのことだった。
上司が私の話しを聞きながら途中から「ちょっと待って。それどんなポーチに入ってる?」などナフキンの入ったポーチの外見などを訪ねてきたので説明すると「それ昨日事務所内で行き来してた覚えがある!」「ああー!分かった!あれは○○さん(私の名前)のだったんだね!」
関係者一同は私に気味悪い思いをさせてしまってごめんなさいねでもおかげさまで助かりましたと謝罪。そうだったのか、そういうことだったのかと真相解明後、スーーッキリした私だった。ああよかった。これで安心していつも通りポーチをお手洗いに置いておけるし。それにしても、一言言ってくれればよかったのに、と思ったけど誰のポーチか分からないから言いようがないかな笑。1ヶ月で痩せる