飲み会シーズンを乗り切れ!太りにくい工夫

年末年始は忘年会や新年会…。とにかく飲み会が多くなってしまうこの季節。職場にママ友、同窓会や女子会。各グループで忘年会が週に数回重なってしまう方も多いのではないでしょうか。楽しいお酒やお食事はついつい飲みすぎ、食べすぎの元になってしまいます。体重増加の原因になってしまうけれど、誘いを断りきれないという方も多いですよね。それなら忘年会、新年会に向けて、対策をとりましょう!まずは空腹での飲み会への参加はなるべく避けることがおすすめ。飲み会前に、サラダなどの野菜やスープを先に食べてから飲み会に参加します。空腹時は特に栄養を吸収してしまうので、飲み会で揚げ物を食べてしまえばそのままカロリーを吸収してしまうのです。軽くお腹を満たすことで、胃液の分泌も防ぎ、太りやすさも防ぐことが期待できます。すきっ腹にお酒を入れなくてもいいので、酔いの回りも遅らせることができますね。牛乳やチーズなどの乳製品も、胃の粘膜を保護する役割があるので効果的ですよ。飲み会がスタートしても、枝豆やサラダなどの野菜から積極的に食べることもポイントです。野菜である程度お腹を満たすことができれば、カロリーもそこまで気になりませんよね。焼き鳥を注文する場合は、タレより塩を選ぶこともおすすめです。〆に人気はラーメンですが、ここはぐっと我慢!消化の良いうどんや雑炊を〆に選ぶことで大きく変わります。消化が良いので寝るときに胃のなかに食べ物が残った状態になることはなく、ぐっすり眠ることもできます。ちょっとの工夫で太りやすさは変わるもの。ポイントを押さえて飲み会シーズンを乗り切りましょう。ぱっちりウィンクの効果って本当に期待できるの?