教え人、極め人の学校エピソード

社会人になってから今でもときどき思い出すのが、学生だった当時の授業のこと。
とくに大学のときに毎度の授業での講義を通して分かる教授の博識の凄さには圧倒されてしまうものがあると思っていた。ミッションスクールじゃないんだけどキリスト教の教えがベースにある学校だったため、教授という役割を兼ねた神父さんもいてそういう教授の授業はとくに印象的だったかな。
大学の教授になるぐらいだから何も神父さんじゃなくても一定以上の学識や力量あってこそ務まるものなのだろうが、何しろ知識量が半端ではない。神父さんであるぐらいだから、当然キリスト教や聖書関係の授業があったり、聖書といえばつきものの語源であるギリシャ語の授業も同じ教授が手掛けていたり、一人でよくそんなに守備範囲があるものだという時点で十分凄い。宗教や信仰の押しつけは一切なかったところもまたよかった。
先生や教授という、教える立場というものは年がら年中ひっきりなしに自分で教えながら復習もしているだけに、身に着けたことや頭に叩き込んだことを忘れようがないのだろうが、いろいろと生徒に教えるに当たり、黒板にダーッと教える内容をいろいろ書き出すときはもうすべてがその教授にとって当たり前のことのようにスラスラ出てくるしで、教えることで生活してる人の凄みというものの手ごたえをいつも感じていた。
ただ、知識量の半端なさの凄みがあるのは山々なのだが、知っている、分かっている=教えられる、ではないこともまた事実だ。
そうなると、「難しいことを、知らない人や初心者に分かるように分かる言葉で教える」という技量が必要になってくる。そこが教師とか先生の凄いところ。生徒には一人一人公平に向き合う姿勢も必要だろうし、大変なエネルギーのいる仕事だと思う。
それにしても大学の講義の1コマ90分という枠の中、1時間半もの間教壇に立ってずーっと話しをしてるっていうのは凄いことだ。やっぱり教えるということを極めた教え人というものは、ただ知識があるだけでは務まらないのだなと、当時いろいろ講義を受けた私は大学を旅立って社会人になった今になっても何かと再学習させられる。脚を細くする方法

飲み会シーズンを乗り切れ!太りにくい工夫

年末年始は忘年会や新年会…。とにかく飲み会が多くなってしまうこの季節。職場にママ友、同窓会や女子会。各グループで忘年会が週に数回重なってしまう方も多いのではないでしょうか。楽しいお酒やお食事はついつい飲みすぎ、食べすぎの元になってしまいます。体重増加の原因になってしまうけれど、誘いを断りきれないという方も多いですよね。それなら忘年会、新年会に向けて、対策をとりましょう!まずは空腹での飲み会への参加はなるべく避けることがおすすめ。飲み会前に、サラダなどの野菜やスープを先に食べてから飲み会に参加します。空腹時は特に栄養を吸収してしまうので、飲み会で揚げ物を食べてしまえばそのままカロリーを吸収してしまうのです。軽くお腹を満たすことで、胃液の分泌も防ぎ、太りやすさも防ぐことが期待できます。すきっ腹にお酒を入れなくてもいいので、酔いの回りも遅らせることができますね。牛乳やチーズなどの乳製品も、胃の粘膜を保護する役割があるので効果的ですよ。飲み会がスタートしても、枝豆やサラダなどの野菜から積極的に食べることもポイントです。野菜である程度お腹を満たすことができれば、カロリーもそこまで気になりませんよね。焼き鳥を注文する場合は、タレより塩を選ぶこともおすすめです。〆に人気はラーメンですが、ここはぐっと我慢!消化の良いうどんや雑炊を〆に選ぶことで大きく変わります。消化が良いので寝るときに胃のなかに食べ物が残った状態になることはなく、ぐっすり眠ることもできます。ちょっとの工夫で太りやすさは変わるもの。ポイントを押さえて飲み会シーズンを乗り切りましょう。ぱっちりウィンクの効果って本当に期待できるの?

モチベーションが低いので、好きな音楽を聞いて上げてみる。

全く仕事が手に付かない。そんな時は適当に好きな曲を流す。音楽が頭に入り、言葉が頭の中で回り始めると自然と手が動く。これは自分の中で音楽が何らかのスイッチになっているに違いない。時々、聞き惚れてしまうこともあるけれど。何か作業をしている時にラジオとか音楽は効果を実感します。モチベーションが上がってくればストレスも少なく作業が進むのが本当に不思議です。こんな時、自分って本当に単純な性格だと嬉しくなるんですよね。自分の頭という無から文章や文字列という有を生み出す。慣れない時は本当に難しかったのに、内容の良し悪しは別としてモチベーション、心の状態がちゃんとしてればどんどん生まれてくる。この感覚が下がり過ぎないようにしていれば文章を作ることってすごく楽しいです。そう思うと本を執筆する人とか、構想とかしっかり練ってもっとたくさんの文章を作る人は本当にすごいと思う。自分とは違うレベルで考えて、生み出して、そしてそれを続けることが出来る。文字を入力するスピードと文字を生み出すスピードは全く違うものなので、とても尊敬してしまいます。頭の中で思ったことをそのまま言葉にするのは簡単だけれど、それを読み手にとってわかりやすく、そして伝わりやすいようにする能力をもっと高めたいな。その為にはアウトプットだけでなくインプットも必ず必要になる。それには読書が一番だと思ってます。図書館に行って、借りなくてもその場で本を読んでくる。読み切らない時や気になる作家さんがいたらいくつか借りる。ネットでブログや記事などの文章を見ることもあります。文章って不思議で、良い評価のあるものでも文脈が自分好みでなければ頭に入ってこないこともあるし、逆に変なものでも好みだとスラスラ入ってくる。ということは自分の文章の癖や文脈について、もっと自分自身で理解したいな。でも、自分の文章を第三者的に読むにはどうしたらいいんだろう。考えたことがないから今度調べてみよう。補正下着

突然自分の物がなくなった

その夜は「うーーん、しかしおっかしいなあ。いつどこへ消え失せたのやら。どこかで無事な状態で出てくるといいけど」と願うようにして眠った。
そして翌日、朝イチで職場のお手洗いに行くと・・・何と、あれほどないない言って探しまくっていたナフキンがポーチごと棚の一番上に何事もなかったかのように鎮座しているではないか!「ええーーっ!?ハアアアーー!?あった!」「とりあえず夕べの願い事はもう叶って物が無事にあってよかった。でも、ここに今日置いてあるってことはやっぱり誰か持ち出した人間がいるってことじゃないか」そんな思いでいっぱいになった。
腑に落ちない気味悪さを一応上司に打ち明けたところ、意外なことにコトのすべてが判明した!それは、昨日は忘年会の関係でいつもと違う人たちも集合し、他部署から来た人もいたため、そのうちの一人が急きょ月経になったがためにナフキンを必要としてうちの方のスタッフさんが「ありますよ~」と応急処置的に差し出したのがたまたま私たちの使うお手洗いで目に付いた私のナフキンだったとのことだった。
上司が私の話しを聞きながら途中から「ちょっと待って。それどんなポーチに入ってる?」などナフキンの入ったポーチの外見などを訪ねてきたので説明すると「それ昨日事務所内で行き来してた覚えがある!」「ああー!分かった!あれは○○さん(私の名前)のだったんだね!」
関係者一同は私に気味悪い思いをさせてしまってごめんなさいねでもおかげさまで助かりましたと謝罪。そうだったのか、そういうことだったのかと真相解明後、スーーッキリした私だった。ああよかった。これで安心していつも通りポーチをお手洗いに置いておけるし。それにしても、一言言ってくれればよかったのに、と思ったけど誰のポーチか分からないから言いようがないかな笑。1ヶ月で痩せる